Archive for the 'Domain戦略' Category

AZ4U.at 投入

May 3, 2008

オーストリアのdomainのAZ4U.atを投入しました。欧州方面のビジネスのさらなる拡大の準備です。また、cbie.jpについても遊んでいたのですが、投入しました。仲間内との会食や飲み会の企画の連絡用にも一つ別のdomainを投入しました。

アイルランド、フランス、イギリス、スイス、ドイツ、オーストリアでのビジネスプロモーションを強化しています。先般の医薬翻訳関係のwebの強化の効果が出てきました。欧州ビジネスもその方向を目指しています。

 

Advertisements

http://www.apogeetech.info/

April 28, 2008

まだ表紙だけですが http://www.apogeetech.info/ が立ち上がりました。日本らしく桜の図柄です。季節が進んだら、代えるか悩むところです。このDomainのDNSの設定の問題から、wwwがないとアクセス出来ません。不思議です。登録事業者にコンタクトしたのですが、解決できません。

最近はURLにwwwを入れないトレンドなので、なんとか解決したいのですが。

 

 

http://az4u.jp/ に書いたのですが、az4uが付くdomainについて、少なくとも.euや.infoが他社のwebとして立ち上がったのがわかりました。 他社のwebと区別しやすいなにか方策をと思っています。現時点では遊休domainを、表紙だけでもweb pageとして立ち上げつつあります。携帯からのmail発信の宛名としてaz4uは短くて便利ですので、そのあたりも考慮したICT活用の構成を考えています。

最近の活動

April 27, 2008

医薬翻訳や、医薬翻訳塾のwebの移転や更新をしたら、最近問い合わせが急増してきた。だからというわけではないが、最初のdomainであるapogeetech.comを登録して以来の最大規模のICTの活用作戦が進行している。

アイルランドのdomainである apogeetech.ieを登録した。これは、アイルランドに関係する仕事に将来特化して書き換えて行く予定のサイトに使った。また、台湾のdomainであるapogeetech.twも遊休でおいていたのでgoogle APPsを利用して色々な目的に使えるようにした。(すこし kakuno.com にも書いた)

Irelandも台湾も、きわめて濃密に活動した地域だったが最近は、すこし遠のいている。Internetの時代ですから、以前のように頻繁に訪問するようにはならないが、すこし楽しみか結果がくるとうれしいと思う。

 

おっと、近々、薬理学の教材(パラメディアル用)の続編up予定。

 

UK Domain Trensfer….

April 26, 2008

DNSの設定の都合でMedTrans.Co.UK domainの登録事業者の移転を行いました。ちょっと驚いたことがあります。Generic Domain (.comなどのこと)では、移転には安全のために時間がかかります。一週間弱かかるのですが、先ほどの移転では、移転先のTAGを入れたとたんに転出!数分後に、新しい事業者に転入しました。しかも、元の登録事業者のもとで、LOCKの仕組みが無いのです。セキュリティー的には極めて不安ですよね。

 最近Proz.com経由の医薬翻訳の案件の問い合わせが増えていますので、e-MedTrans.Comなどと並んで関連のdomainのwebの整備を進める予定です。

kakuno.com他

April 17, 2008

医薬翻訳塾の主催しております かくのかつひこ です。自己紹介は、http://www.apogeetech.com/cp/jceo.html を参照ください。それ以外にblogみたいな感じで、小出ししています(笑)

http://kakuno.com/ あたりから、いろいろご覧ください。仕事のジャンルごと、あるいは話題ごとに複数のblogが動いてます。この kakuno.com のサイトは、TOP画面の右側の上の方にあるLINKが新しくなって行きます。

IT的な話題は http://az4u.jp/ に書いてゆきます。

Domain戦略

April 17, 2008

1979年企業の銀髪マンですが、当時はまだまだパソコン通信の時代で、いまから見れば考えられないくらいに遅い回線でネットワーク(あるいはネットワークもどき)につないでいました。その後、個人や中小の企業がIernetにつながるようになったのは、IIJとかNTT InfoSphareが出てきてからでした。

その黎明期ともいえる時代、dominの登録やwebの立ち上げをしてきました。そのころは検索エンジンもなく、NTTの(おそらくそれがgooの前進)webで地図上に立ち上がっているweb siteへのLINKがありました。また、併せて我が国で登録されているdomainの一覧がありました。そのぐらい少しのwebしかありませんでした。http://apogeetech.com/ はその時代に立ち上げたものです。apogeetech.comは、銀髪マンがIrelandのLimerlick登記した会社の名称です。Apogeetech Europe Enpterprises Ltd.が、domain名の起源です。社名の語幹をなすapogeeは、放物線の最高地点を表しますので、「最高の」「最も高い」という意味があります。

現在、apogeeそのものや、apogeeがつく単語(合成語を含む)は、ほぼ枯渇しました。そのうちのいくつかは売りに出ていますが、まあまあ良い(すごく良いわけではない)でも6000ドル後半です。さらにapogeetechに至っては、相当の価値があります。これは、売るという発想ではなく買うという発想で見て高値の華になっってしまったということです。かつて、kakuno.comは売りに出ていたものを買いましたが、欲しいdomein、他の人が持っていて欲しくないdomain(潜在的や顧客が誤って他社のサイトに行ってしまうことを防ぎたい)など様々な理由でDOMAINを取得したくなるという将来の事態は、当初から十分に考えておく必要があります。自動車、秘書、きれいな事務所に投資することと、domain/商標登録に投資するのとどの順序でなければならないか、もっと考えるべきだと思います。

 長くなりましたので、続きは別の機会に。

関連の記事を http://apogeetech.com/http://az4u.jp/ にも書きました。よろしければ、併せてご覧ください。