Archive for the 'ICT' Category

ITmediaを読んでいたら

September 29, 2008

 

おもしろい記事をみつけました。時流にあっている製品です。携帯電会社が、現在のACアダプターはやめてすべてUSBケーブルでの充電みたいな方向にゆけば、iPOD/walkman/そのたMP-3 player、デジカメ、….  デジタル系の端末がすべて同じ方法で充電できるようになるのに。SonyやAppleが出してるACアダプター本体にUSB]がついているものなんかも、そういうトレンドを進めていると思っています。

PLCアダプターなんかも、ACアダプターサイズ、あるいは、ACプラグサイズにすると面白いのに。

Advertisements

Zoho ← Google A/C or Yahoo A/C

May 15, 2008

 GoogleのアカウントやYahooのアカウントからZohoにlog-in出来るようになりました。不思議な感じでです。ある部分ではZohoはGoogle APPsのコンペティターなので、不思議な便利さを用意したものとおもいます。MS Offcie LiveとGoogle APPsはDNSの設定周りからはじまり、全体が全く別のコンセプトです。どちらかといえば、Liveはパッケージ売りのOffcieのコンポーネントを二つ積んだものが基本だと見え見えです。方や、Google APPsはASPサービス(今風に言えばSaaS)です。Zohoは(も)、SaaSです。Office類似機能の部分が、Googleの方がよくintegrateされていますが、Invoiceとかを見ると惹かれるものがあります。SaaSがあれば、パッケージソフトが要らないかもしれないとおもう部分もあります。

  Mailクライアントについては確信をもって、もう要らないと思っています。SPAM filterのすばらしいので、Google APPsからGoogle外部のPOP serverにもアクセスして一元的に扱いだしました。社/自宅のPCでも、出先のPCでも、そして携帯でもまったく同じ立ち位置でmailのハンドリングが行えるのがすばらしいです。SPAM filterも取りこぼしも、誤認識もきわめて少なく最高度の精度で振り分けてくれています。また、UMIN.ac.jpのような POP/Sサーバーにもmailを取りに行けるので、(POP/Sに取りにゆけない)リモートメールは解約します。0円のサービスが、月300円のサービスに大幅に勝ているとは。

 そして、Google APPsですむなら人数の大きなコラボレションにはZohoよりも優れています。一人ではZohoが優れている場合でも、公開、共有というあたりの取り回しや、機能によっては人数制限(それ以上は有料)とかの関係でGoogle APPsがまずは第一選択肢になるように感じています。

 

 

 

  

e-学習 関連のサイト新設

May 10, 2008

 臨床生化学、臨床薬理学などを中心に色々な学校での講義を持っているが、学校での講義をフォロウアップするサイトを順次立ち上げています。学生への告知は後日にしますが、サイトの立ち上げ、コンテンツの詰め込みには相当の時間がかかります。そのために早めに手を打っています。

 以前は、薬剤師を中心に国家試験の講習会をしていました。また、そいう活動も出来ると良いと思っています。その活動の原点は  http://www.apogeetech.com/yakuzaishi/kokushi.html なのですが、URLを残すためにいまもpageを更新しておいています。国家試験の方も、拡充を開始しています。たとえば、美容師国家試験ですが、あらたに http://www.biyou-k.net/ をGoogle APPsで立ち上げました。

 

 

 

  最近気になっているのは、医療家、衛生系の「養成校」では、どうも国家試験対策が分かっていないと思うことがよくあります。全く手をかけなかったり、あるい効果の上がらないことに大変に手をかけていたり。もっと国家試験をよく見て、よく分析して、よく戦略を立てて望むと良いのにと思うところです。国家試験をよく知る人の声に耳を傾ければ良いのにと思うことも増えてきました。学生方も、学校も奮起が必要だと見ています。

 

 

 

  

 

 

 

 

AZ4U.at 投入

May 3, 2008

オーストリアのdomainのAZ4U.atを投入しました。欧州方面のビジネスのさらなる拡大の準備です。また、cbie.jpについても遊んでいたのですが、投入しました。仲間内との会食や飲み会の企画の連絡用にも一つ別のdomainを投入しました。

アイルランド、フランス、イギリス、スイス、ドイツ、オーストリアでのビジネスプロモーションを強化しています。先般の医薬翻訳関係のwebの強化の効果が出てきました。欧州ビジネスもその方向を目指しています。

 

http://www.apogeetech.info/

April 28, 2008

まだ表紙だけですが http://www.apogeetech.info/ が立ち上がりました。日本らしく桜の図柄です。季節が進んだら、代えるか悩むところです。このDomainのDNSの設定の問題から、wwwがないとアクセス出来ません。不思議です。登録事業者にコンタクトしたのですが、解決できません。

最近はURLにwwwを入れないトレンドなので、なんとか解決したいのですが。

 

 

http://az4u.jp/ に書いたのですが、az4uが付くdomainについて、少なくとも.euや.infoが他社のwebとして立ち上がったのがわかりました。 他社のwebと区別しやすいなにか方策をと思っています。現時点では遊休domainを、表紙だけでもweb pageとして立ち上げつつあります。携帯からのmail発信の宛名としてaz4uは短くて便利ですので、そのあたりも考慮したICT活用の構成を考えています。

最近の活動

April 27, 2008

医薬翻訳や、医薬翻訳塾のwebの移転や更新をしたら、最近問い合わせが急増してきた。だからというわけではないが、最初のdomainであるapogeetech.comを登録して以来の最大規模のICTの活用作戦が進行している。

アイルランドのdomainである apogeetech.ieを登録した。これは、アイルランドに関係する仕事に将来特化して書き換えて行く予定のサイトに使った。また、台湾のdomainであるapogeetech.twも遊休でおいていたのでgoogle APPsを利用して色々な目的に使えるようにした。(すこし kakuno.com にも書いた)

Irelandも台湾も、きわめて濃密に活動した地域だったが最近は、すこし遠のいている。Internetの時代ですから、以前のように頻繁に訪問するようにはならないが、すこし楽しみか結果がくるとうれしいと思う。

 

おっと、近々、薬理学の教材(パラメディアル用)の続編up予定。

 

UK Domain Trensfer….

April 26, 2008

DNSの設定の都合でMedTrans.Co.UK domainの登録事業者の移転を行いました。ちょっと驚いたことがあります。Generic Domain (.comなどのこと)では、移転には安全のために時間がかかります。一週間弱かかるのですが、先ほどの移転では、移転先のTAGを入れたとたんに転出!数分後に、新しい事業者に転入しました。しかも、元の登録事業者のもとで、LOCKの仕組みが無いのです。セキュリティー的には極めて不安ですよね。

 最近Proz.com経由の医薬翻訳の案件の問い合わせが増えていますので、e-MedTrans.Comなどと並んで関連のdomainのwebの整備を進める予定です。

Domain戦略

April 17, 2008

1979年企業の銀髪マンですが、当時はまだまだパソコン通信の時代で、いまから見れば考えられないくらいに遅い回線でネットワーク(あるいはネットワークもどき)につないでいました。その後、個人や中小の企業がIernetにつながるようになったのは、IIJとかNTT InfoSphareが出てきてからでした。

その黎明期ともいえる時代、dominの登録やwebの立ち上げをしてきました。そのころは検索エンジンもなく、NTTの(おそらくそれがgooの前進)webで地図上に立ち上がっているweb siteへのLINKがありました。また、併せて我が国で登録されているdomainの一覧がありました。そのぐらい少しのwebしかありませんでした。http://apogeetech.com/ はその時代に立ち上げたものです。apogeetech.comは、銀髪マンがIrelandのLimerlick登記した会社の名称です。Apogeetech Europe Enpterprises Ltd.が、domain名の起源です。社名の語幹をなすapogeeは、放物線の最高地点を表しますので、「最高の」「最も高い」という意味があります。

現在、apogeeそのものや、apogeeがつく単語(合成語を含む)は、ほぼ枯渇しました。そのうちのいくつかは売りに出ていますが、まあまあ良い(すごく良いわけではない)でも6000ドル後半です。さらにapogeetechに至っては、相当の価値があります。これは、売るという発想ではなく買うという発想で見て高値の華になっってしまったということです。かつて、kakuno.comは売りに出ていたものを買いましたが、欲しいdomein、他の人が持っていて欲しくないdomain(潜在的や顧客が誤って他社のサイトに行ってしまうことを防ぎたい)など様々な理由でDOMAINを取得したくなるという将来の事態は、当初から十分に考えておく必要があります。自動車、秘書、きれいな事務所に投資することと、domain/商標登録に投資するのとどの順序でなければならないか、もっと考えるべきだと思います。

 長くなりましたので、続きは別の機会に。

関連の記事を http://apogeetech.com/http://az4u.jp/ にも書きました。よろしければ、併せてご覧ください。

Kakuno.biz 新web立ち上がりました

April 14, 2008

毎日毎日、大きな変化が起きているのですが今回は、domain登録からweb立ち上げまでの最速記録達成です。SOHO事業者のweb立ち上げが超速攻で出来るという実証実験みたいなものです。超速攻ながらこれ以上ない最低コスト達成です。

サマリー:
立ち上げ時間3分 (domain新規取得、Google APPs新規登録、DNS設定、URL変更の全てを含む)
コスト年7.99UDSD (それ以外のコストゼロ)
100 POP A/C運用可能

ものすごいですね。

かつて無い大規模なICT作戦を展開中

April 10, 2008

 クラスター爆弾の投下に相当するような激しい攻撃を展開中です(笑)。Web siteの廃止、統合、移転、新設。あるいはdomainのredirect。新規登録domain、移転domain、設定変更等々でいじること、DNSの設定変更は2桁。登録事業者ごとのDNSのサービスの違いって意外と大きいものだと改めて感じています。

 

Domain登録

April 5, 2008

 かなりの数のdomainを登録しています。その90%以上は防衛的な目的です。それらを出来るだけコストをかけないで生かす方策を試行しています。目障りな広告が出るのは好ましくないので、自ずから生かし方は限界があります。

 Domain戦略は最重要なものとして、やっているので.mobiや.asiaなどにもこうした登録しているdomainが及んでいます。今日は、.in(インド)ドメインと.hk(香港)ドメインの登録を増やした。売りに出ているドメインを見ると、私が登録しているdomainより悪いものが6000ドルを超すのもあって、驚いています。私の場合は、投資目的ではないのですが、防衛的にそうした高い金額のdomainを買うこともたまにはありました。最近では、こちらの持っているものが遙かに多く完全なので、相手が値を下げて逃げてゆくケースが増えています。いま、450ドルで出ているドメインは買うかもしれない。

http://Start.e-MedTrans.co.UK/ などの運用を開始。このdomainはGoogle APPにて運用しています。Google APPへdomainを乗せるためにはDNSの設定でCNAMEの設定をいじることでほとんどを実現しているのですが、どうもA Recorの設定がいまひとつ理解できていません。MXレコードは少し煩雑ですが単純作業で変更できるので、mailの運用開始はすぐ出来ました。

[防備録のような内容となりました]

まだまだ編集、更新、bug取り。。。。奮闘中

April 4, 2008

 apogeetech.comのdomain登録したのはwhoisの記録によればRecord created on 28-Aug-1996 だそうです。今年月で14年。Internetも当時は、実に寂しいものでした。gooの前進のサイトが地図上に登録domainを表示するようなことで、全ての国内のsiteが表示できていた。いま、星の数よりも多いのではないかと思うような数のdomainがあります。

 今回、その1996年8月28日(米国時間だと思いますが、どの時間かわかりませんが)以来、おそらく最大級のwebのメンテナンスを続けています。今までは、どちらかというとバックアップ的な要素が強かったapogeetech.co.jpをむしろ主たるwebにしてゆきます。POP/SMTP serverについても大幅な変更作業をしています。なかにはgoogle APPを使うものもあります。

 誤ったLINK、LINK切れ、誤字その他「虫取り」にも力を入れていますが、CMS自身にもbugがあるようでLINKが化けて異様な内容になってしまう現象が確認できました。もし、不都合を見かけられた方はぜひご一報ください。

 医薬翻訳塾の問い合わせが増えたり減ったりする波があるのですが、最近は増える傾向です。ところがYahooなどのweb mailや無償mailからの問い合わせが多く、mailがうまく届かないケースが頻繁にあります。Webをリニューアルする中で、この点に関する告知、説明を加える作業もしています。

Mobile

April 3, 2008

Mobileに関しては、いろいろ無駄な投資、実験的な投資を重ねて来ました。MIXIのMyMIXIである(←冗長な日本語ご容赦)八木さんが、いつもののように卓越したご意見をblogに書かれています。 

 実は、mobileという語のdefinitionが個人差が大きいと銀髪マンは感じています。NokiaがE61を出したときにセミナーに参加したら、これまた先見の銘のあるdefinitionをされてから、製品コンセプトに入りました。我が国ではPDAに関するビジネスのほとんどが失速し、残ったのは業務用カスタマイズ端末の道でした。PCから見てSmart Phone/PDAは、いずれもがPCの異なるサブセットであるので、自分の”mobile”のdifinitionをはっきりさせることから端末選びが始まるのでは無いのかと考えています。

SaaSの今後の進化も、mobileに大きく影響するところです。端末のOSで選ぶ時代が今少し続くと、今度はアプリケーションは端末側に持たないでSaaSで使うとなれば画面サイズや入力インターフェースの部分が、選択の際の大きな要因になってきます。所詮mobile端末は、現役時間はせいぜい1年ですので、そこだけ割り切っていれば、そうそう大きな選択ミスは起きない気がするのだが。

そして、mobileで通信速度あるいはサービスエリア、さらにはこちらの移動速度(たとえば新幹線移動)とかによって、「使える」「使えない」が決まってしまう気がする。いま日本のWiFiは、「出来る」というだけで実に貧弱で実用性に乏しい。携帯電話での接続は、異様に高いコストが掛かる。e-mobileの出現はそのあたりの壁をぶち破ってくれた気がする。銀髪マンは、二回線契約(接続端末2台)しているが時として自宅でもvDSL(光のマンションタイプの居室への引き込みはvDSL)よりもe-mobileが速いことがあって、固定でもmobileの接続手段を使うことが頻繁にある。そうなると、さらに”mobile”てなんだろうと言うことになる。

銀髪マン的には、B5のPC、A5のPC、Smart Phone (4台)のいずれかTOPにあったものを、二台のe-mobile(まれにFOMA)でつなぐという方法で過ごしている。そして、徐々にクライアント機のアプリを減らしていて、Webサービス、SaaS(googleアプリ、MS Office liveその他)、ファイルのnet上での保管/交換サービスを組み合わせて使っている。移動時に、電子密度計算とかする場合だけがB5機の出番ですが、それ以外はA5機以下の端末を選んでいる。さらには、サスティックだけを持ち歩く場合とかも時々ああります。

ともかくCMSのおかげでweb管理も、mobileで出来るようになったのがありがたい。銀髪マン的mobile生活で現在実験中のなの、携帯で使いやすいdomain名の取得とそれをweb mailで使う良いプラットフォームのスクリーニングです。

az4u.jpリニューアル

April 3, 2008

az4u.jpのweb siteがリニューアル完了しました。az4u.netの文字をはぎ取ってきて張っただけですが(笑)。背後はやはりCMS回しています。

CMSが回っていると、文字、画像、枠組み、デザインが別々にSQL(データベース)に格納されていて、それをアクセスがある度に組み立てて見せている訳です。 本当に優れものです。

domain登録更新 シーズン到来

April 2, 2008

 かなりの数のdomainを登録して運用しています。春先は、秋と並んでそれらの登録の更新シーズンです。次々と、漏れないように、登録を更新するのは意外と気を遣います。これらの多くは運用しているdomainですので、同時にサーバー契約の更新シーズンでもあります。

 この時期は、そうした登録や契約の更新にあわせて、ICT戦略の練り直しをしています。費用対効果という面だけでなく、自分自身がどういう活動にどのくらい重心を置いてゆくのかというのも練り直しています。掲示板、コミュニティー、blogの閉鎖、開設、移動等々もやっています。

  

銀髪マンの関連の活動を紹介させてください

March 22, 2008

以前から parkinson-tts.com でパーキンソン病の貼付性製剤の特許のライセンスを紹介させていただいています。Web自体をCMSを入れて更新したいのですが、なかなか手が出ないので、とりあえず下層にCMS入れてweb pageやblogの追加をしてゆきたいと思っています。 → http://www.parkinson-tts.com/wordpress/